楽せぬ楽が、遥か楽々 〜2nd season〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 超電王3 EPISODE RED & BLUE レビュー

<<   作成日時 : 2010/06/07 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤル気があるウチにちゃきちゃき更新


なんと既に目標である週1更新を凌駕するペースです。なんだと?週2どころか日2だと!?






というわけで、皆様こんばんわ。今朝の更新は昨晩更新しようとしたまま寝てしまったための産物です。早寝早起きは心地よいはずなのに体の節々が痛かった管理人です。机の寝心地超悪い。

今日は映画を観てまいりましたー。というかここ最近結構映画を観ています。手元にあるレビューで数えると1,2,3....えー、8作品。まあもう古くて上映していない奴もありますが、そこらへんは大目に見て下さい。
昨日、漫画の写真とかをパシャパシャ撮っていたんですが、なんか思っていた以上に明度が低くて、あんれまーと思っていたら、単純にカメラの設定いじり忘れていた件。これはもう下手に良いカメラ使うより勝手に色々してくれるコンデジに頼るべきなのか。正直、自分はカメラの性能の10%も引き出せていない気がします。誰かカメラの使い方を教えて欲しい(他力本願


まあそんなこんなで今日は映画のレビューです。2作品書いてますが今日観に行ったのは2作目。ネタバレにご注意ください。











画像


超電王3 EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル



これは単純に自分がしっかり情報を得ていなかったのが悪いのですが、上映開始早々衝撃が...「良太郎役が佐藤健君じゃない...だと!?」
正直言うと、このショックをひきずったためにあまり楽しめませんでした...orz
なんか健君はもう良太郎役を卒業したらしく、子どもの頃の良太郎役を演じたり、ディケイドで良太郎役を演じていた溝口琢矢君に移行したらしいです。
良太郎が目立つ所以外はいままでどおりなので電王として楽しむことが出来ました。しかし、良太郎が全面に出る所は...まだ良太郎の配役が変わったのは自分の中では受け止めきれないようですねー。
注目すべきは、よく頑張っていた侑斗でしょうか。最初らへんに愛理さんと向かい合ってお茶を飲むシーンがあるんですが、甘党の侑斗はコーヒーに砂糖を入れるわけです。なのに、そこで砂糖が超こぼれてました、というかスプーン持った手、震えてますからww 演技としてはダメなんでしょうが、役柄のせいか微笑ましく見えてしまいましたw
シナリオ構成は電王そのまま、しかし、なーんかパンチが足りません。出演者に均等に出番がないから? いまいち理由はわかりませんが...。
とりあえず大塚さん演じるデネブを良く見られたのが良かったですかね(ぇ
3部作なので続きに期待ですね。






画像


超電王3 EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル



1作目で自分の中ではネックになっていた、溝口版良太郎、2作目にもなるとなんか受け入れられるもんですねー。
というわけで、結構楽しんでみることが出来ました。超電王3の2作目。
主人公はNEW電王というか幸太郎というか...。とりあえず1部2部と観た感じでは、良太郎一行は完全にサブキャラ扱いなようです。一部で全然出なかったキンタロスが結構頑張ってます。頑張ってますが...もうちょっと活躍させて欲しかった気も...。
テディは完全にデネブとかぶる所がありますね。個人的にはその位置は好きなので悪くないと思いますがw
そしてジークが出ました。超テンションあがりました。ウィングフォーム期待したんですけどねえ。3部では出てくるのかなあ。
1部もそうでしたが、バトルというよりもドラマに重点を置いてあるので、敵イマジンは強さというよりもネタ?キャラ?に重点がおかれているようです。
そういえば、途中の「こしょう」がよくわかりませんでした。ふむ、誰か解説書いていないものか...。
3部も楽しめるとは思います。ああ、そういえば3部作ですが今のところ繋がりはないですねー。





ちょっと映画のレビューは賞味期限がありそうなので、これからもチョコチョコと載せていこうと思います。現にこの1本目とか上映終わってるとこ多いですしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
超電王3 EPISODE RED & BLUE レビュー 楽せぬ楽が、遥か楽々 〜2nd season〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる